/

安倍前首相「最後は多数決」国民投票法改正案の採決促す

安倍晋三前首相は22日夜、都内で開かれた憲法に関するシンポジウムに登壇した。憲法改正に必要な手続きを定める国民投票法の改正案を巡り、衆院憲法審査会での早期の採決を促した。「最後は多数決で決めるのは民主主義の原則だ」と訴えた。

自民、公明両党に加え、野党の日本維新の会と国民民主党も理解を示していると紹介し「(採決は)国民的な要請ではないか」と述べた。

国会が憲法改正を発議するために衆参両院で3分の2の賛成が要ると定める憲法96条の改正にも触れた。「国会議員の3分の1ちょっとが反対であれば、国民の半数以上が賛成でも変えられないのはいかがなものかと今でも思う」と話した。

第2次安倍政権の発足当初、安倍氏は96条改正に意欲を示したが頓挫した。その後、自民党は憲法への自衛隊の明記など改憲を目指す4項目を打ち出した。

自衛隊に関して「違憲論争に終止符を打たなければいけない」と語り、9条改正の必要性を強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン