/

立民、参院選で2人公認

立憲民主党は22日の常任幹事会で、夏の参院選選挙区の公認候補として、兵庫選挙区に新人で兵庫県議の相崎佐和子氏、福岡選挙区に現職の古賀之士氏の計2人を決めた。そのほか、無所属で立候補する予定の滋賀選挙区の田島一成氏、岡山選挙区の黒田晋氏の推薦もそれぞれ決定した。次期衆院選の小選挙区で16人の公認も内定した。

決定事項は次の通り。(現は現職、元は元職。表記なしは新人。敬称略)

【参院公認】兵庫 相崎佐和子▽福岡 古賀之士(現)

【参院推薦】滋賀 田島一成▽岡山 黒田晋

【衆院公認】北海道7区 篠田奈保子▽同12区 川原田英世▽青森2区 高畑紀子▽宮城3区 大野園子▽山形1区 原田和広▽埼玉9区 杉村慎治▽千葉3区 岡島一正(元)▽同7区 竹内千春▽同12区 樋高剛(元)▽富山2区 越川康晴▽愛知7区 森本和義(元)▽同10区 藤原規真▽兵庫4区 今泉真緒▽同10区 隠樹圭子▽高知1区 武内則男(元)▽福岡1区 坪田晋

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン