/

この記事は会員限定です

原子力政策、経産相が踏み込んだ「半歩」

新井惇太郎

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「すぐに青森県に行ってくれませんか」。10月、経済産業相に就任した直後の萩生田光一氏に経産官僚が直談判した。9月の自民党の総裁選で河野太郎氏が使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」の中止に言及し、関連施設を抱える地域に動揺が広がっていた。

萩生田氏は衆院選が終わるとさっそく足を運んだ。11月8日、県庁に三村申吾知事を訪ねて「原子力政策の中核の一つであり、着実に進めていく」とサイクル堅持を表明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン