/

この記事は会員限定です

18歳以下への給付、予備費7000億円支出 26日にも決定

[有料会員限定]

政府は18歳以下の子ども向け給付金の財源の一部として、新型コロナウイルス対応の予備費から7000億円程度を支出する。26日にも閣議決定する。2021年度補正予算案の編成・成立を待たずに財源を確保し、年内の支給開始を目指す。

政府は19日決定した経済対策で18歳以下に10万円相当を配る方針を盛り込み、うち現金5万円は児童手当の登録口座に「プッシュ型」で迅速に給付を始めるとしていた。この財源に予備費...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン