/

安倍氏、台湾総統とオンライン協議 訪台の意向表明

自民党の安倍晋三元首相は22日、オンラインで台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統と協議した。ウクライナ情勢や日台関係について意見を交わした。安倍氏は自身のツイッターで「力による現状変更の試みは決して許してはならないとの認識で一致した」と説明した。

関係者によると安倍氏は蔡氏に台湾を訪問する意向を伝えたという。

オンライン対話は超党派の議員連盟「日華議員懇談会」(古屋圭司会長)が都内で開いた総会にあわせて実施した。安倍氏は日華懇の顧問を務める。

総会では2022年度の活動についての基本方針を決めた。ロシアによるウクライナへの侵攻を踏まえ「一方的な現状の変更がなされないよう、我が国と価値観を共有する国際社会と協働」すると記した。

総会には台湾の駐日大使に相当する謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表も参加した。

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン