/

性犯罪歴の一元管理を自民提言、首相「子ども庁の柱に」

自民党行革推進本部の棚橋本部長は首相に提言を渡した

菅義偉首相は22日、首相官邸で自民党行政改革推進本部の棚橋泰文本部長らと会談した。子どもの性被害の抑制に向け政府が性犯罪歴などをデータベースで一元管理する制度を盛り込んだ提言を受け取った。首相は子育て政策の司令塔として検討する子ども庁の「政策の柱になる」と述べた。

棚橋氏が面会後、記者団に明らかにした。首相は「速やかに検討して各省に指示したい」と語ったという。提言は関係省庁で検討し、具体的に制度設計するよう求めた。

提言は、強制わいせつや強制性交といった性犯罪などの履歴情報を一元管理する組織の新設を提案した。過去にわいせつ行為をした人が一定程度、子どもと関わる職業に就かないようにするためなどに情報を活用する。

求職者個人が自身の「無犯罪証明書」の発行を申請したり、雇用者側が性犯罪歴を管理する新組織に記録を問い合わせたりすることなども提示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン