/

この記事は会員限定です

先端半導体工場に6000億円 政府、米マイクロンも候補

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は2021年度補正予算案に先端半導体の生産企業を支援する基金の財源として約6000億円を計上する。台湾積体電路製造(TSMC)が熊本県に建設する新工場に約4000億円を拠出し、残り約2000億円は半導体メモリー大手の米マイクロン・テクノロジーとキオクシアホールディングスなどを候補に工場の新増設費用を一部支援する。

マイクロンは旧エルピーダメモリの広島県内の拠点を引き継ぎ、データを一時記憶するD...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン