/

首相がタイ、シンガポール首脳と電話協議 就任後初

岸田文雄首相は22日、就任後初めてタイのプラユット首相とシンガポールのリー・シェンロン首相とそれぞれ電話協議した。いずれも中国を念頭に東シナ海や南シナ海での一方的な現状変更の試みに強く反対すると伝えた。「自由で開かれたインド太平洋」の実現へ協力すると確認した。

首相はプラユット氏との協議で、国軍がクーデターを起こしたミャンマーの情勢について「事態の打開に向けてタイと一層連携したい」と語った。

シェンロン氏には「経済分野に加えて安全保障分野の協力も一層強化していきたい」と呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

岸田新政権

自民党の岸田文雄総裁は11月10日召集の特別国会で再び首相に指名され、第2次内閣が発足しました。最新ニュースをこちらからご覧いただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン