/

中ロ軍艦艇、伊豆諸島付近でヘリ発着 防衛省発表

防衛省は中国軍とロシア軍の艦艇が21日、伊豆諸島付近の海域でヘリコプターを発着艦させたと発表した。両軍の艦艇は初めて同時に津軽海峡を通過するなど、これまでにない行動を続けている。防衛省は警戒体制を強化し意図の分析を急ぐ。

中ロ両軍の艦艇10隻は18日、津軽海峡を通過して太平洋に入った。防衛省によると、21日午前4時ごろに東京都の須美寿島の南西およそ50~100㌔の海域で、それぞれのフリゲート艦からヘリコプター2機を発艦させた。

航空自衛隊が戦闘機を緊急発進(スクランブル)して対応し、2機は領空侵犯せずに着艦した。艦艇の領海への侵入もなかった。

艦艇10隻は中国軍とロシア軍が日本海で実施した合同軍事演習に参加していたとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン