/

この記事は会員限定です

請求書データ管理、対応遅れの企業は紙も容認 政府検討

[有料会員限定]

政府・与党は2024年1月から企業に本格的に求める請求書の厳格なデータ管理保存を特例で緩和する。22年施行の電子帳簿保存法で、改ざん防止などのため厳格な保存を義務づけた。経理のデジタル化が遅れる企業を対象に請求書のデータを簡易保存することを条件に紙での保存も事実上、容認する。

12月中にとりまとめる23年度与党税制改正大綱に盛り込む方針だ。対応に遅れる企業向けの措置だが、データ活用といった企業の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

予算・税制2023

2023年度(令和5年度)の予算編成と税制改正の議論が年末に向けて本格化します。最新ニュースと解説記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン