/

この記事は会員限定です

パリ協定達成、30年に45%減必要 気温上昇1.5度以内に

(更新) [有料会員限定]

世界各国が2030年時点の温暖化ガス削減目標を上積みする背景には、地球温暖化対策の国際枠組みである「パリ協定」との兼ね合いがある。同協定は今世紀末の気温上昇を産業革命前から1.5度以内に抑えることを掲げる。

国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は50年に温暖化ガスの排出量を実質ゼロにすることで1.5度目標を達成できるとしている。大気中にすでに放出されている温暖化ガスの量を考慮すると、前段階...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン