/

この記事は会員限定です

4月の物価上昇率2%、エコノミスト予測 7年ぶりの水準

[有料会員限定]

日本経済新聞社が22日、国内のエコノミスト5人にアンケート調査したところ、4月の消費者物価上昇率の予測は平均2.0%だった。変動の大きい生鮮食品を除く総合指数について前年同月比を聞いた。2%台になるのは消費増税が影響して2.2%だった2015年3月以来、約7年ぶりとなる。

21年春に大手各社が導入した携帯電話の通信料下げの影響分がなくなるのに加え、ウクライナ危機を受けた資源高や円安で製品・サービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン