/

この記事は会員限定です

〈コロナ 出口への課題〉女性打撃、働き方改革を

周燕飛氏 日本女子大教授

[有料会員限定]

「新型コロナウイルスの感染拡大により労働市場で最も大きく影響を受けたのは子育て中の女性だ。休園や休校も相まって育児負担が増し、仕事を控えざるを得ない女性が増えた」

「女性は一度雇用を失うと、再び職に就くまでのハードルが男性より高い傾向にある。家庭の大黒柱は男性で女性は補完的な位置づけとの意識はいまだ強く、感染不安や育児負担があるうちは労働市場からいったん退出しようとの意向が働くためだ」

「女性の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン