/

午後8時まで一段の節電強く要請 電力逼迫で経産相

萩生田光一経済産業相は22日午後に緊急の記者会見を開き、東京電力ホールディングス(HD)管内で電力不足に陥る恐れがあることから「午後3時から午後8時に、さらに5%分にあたる毎時200万キロワットの節電が必要だ」と述べ、一段の節電協力を要請した。

萩生田氏は「これまでの節電効果は150万キロワット程度にとどまり、目標としている水準を200万~300万キロワット下回っている。このままではブラックアウトを避けるために広範囲で停電せざるを得ない状況が近づいている」と述べた。

そのうえで「ネオンなどの消灯で協力してもらえたらありがたい。もう一段のさらなる節電をお願いしたい」と述べた。経産省は東電管内と東北電力管内で22日に電力不足に陥る恐れがあることから電力需給逼迫警報を発令している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン