/

この記事は会員限定です

20年度の国債依存度、46%に上昇 大型補正で

[有料会員限定]

2021年度補正予算が成立し、歳出を借金でどのくらい賄っているかを示す同年度の国債依存度は46%に達した。近年は消費増税などの影響で税収の増加が続くものの、大型の補正予算の編成が常態化し、国債頼みに歯止めが利かなくなっている。

20日成立した補正予算では新たに22兆580億円の国債を発行し、同年度の新規国債発行額は当初予算と合わせて65兆円を超す。国債依存度は当初予算段階の40.9%から5ポイン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン