/

学術会議、組織のあり方最終報告 6人の候補の任命要求

梶田会長(右)から報告書を受け取る井上科技相

井上信治科学技術相は22日、内閣府で日本学術会議の梶田隆章会長と面会した。梶田氏は同日の学術会議の総会でまとめた最終報告書を提出した。報告書は同会議を現在の体制のまま維持するよう求める内容で、政府は報告を受けて同会議のあり方の検討を続ける。

菅義偉首相が会議が推薦した会員候補6人の任命を拒否した問題を巡っては、同会議が「6人の候補者を即時任命するよう要求する」との声明も提出した。「会議の独立性を侵す可能性がある」と指摘した。

学術会議の報告書では、組織のあり方について「設置形態を変える積極的な理由は見いだしにくい」と結論づけた。井上氏は「学術会議と協力し、未来志向で取り組んでいきたい」と話した。

任命されなかった6人の候補者は加藤陽子東大教授(歴史学)を除く5人が、連携会員や特任連携会員として活動を継続する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン