/

濃厚接触者の待機、最短3日に短縮 厚労相が表明

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

後藤茂之厚生労働相は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた新たな対策を発表した。経済活動と感染対策を両立するため、濃厚接触者の自宅などでの待機期間を原則7日間から5日間に短縮する。さらに抗原検査キットで陰性を確認できれば接触翌日から3日目に待機を終えられるようにする。

足元の新規感染者数は過去最多ペースで推移している。濃厚接触者の待機期間を短くすることで医療・介護現場や企業の欠勤者が増えすぎないようにする。5日間に短縮する一方、7日間の間は検温などの体調管理を続けるよう求めた。

発熱外来に患者が殺到する事態を防ぐため、抗原検査キットを無料配布して自主検査を促す方針も示した。症状が軽く重症化リスクが低い患者を対象とする。陽性だった場合は、自治体の相談窓口などに自ら連絡する。相談窓口の医師が患者の情報を感染者情報共有システム「HER-SYS(ハーシス)」に入力する。

重症化リスクが低い患者はハーシスの入力項目を減らせるようにする。保健所業務の負担軽減につなげる。

コロナ病床を確保した医療機関などを財政支援する措置は7月末の期限を2カ月延長する。ワクチンの4回目接種の対象も医療従事者らに拡大する。

後藤氏は「社会経済活動をできる限り維持しながら保健医療体制の確保に万全をきすとともに、リスクのある高齢者を守ることに重点を置いた」と説明した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン