/

首里城の着実な復元要求 世界遺産委

火災で炎上する首里城(那覇市)

オンラインで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は22日、文化遺産「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」(沖縄)の保全状況を審査した。火災で焼失した首里城(那覇市)の復元の着実な実行を政府に要求し、来年12月までに状況を報告するよう決議した。

決議では復元に向けた基本方針や工程表が策定されていることを評価。その上で復元に際しては防火対策や災害リスクの軽減策が必要だと指摘した。

首里城は2019年、正殿などが火災で焼失。ただ世界遺産に登録されているのは地下の遺構で、もともと復元した建物だった正殿は含まれていなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン