/

この記事は会員限定です

2021年衆院選、識者座談会 政策の選択肢見えず 

[有料会員限定]

衆院選は自民党が絶対安定多数を確保し、野党共闘で臨んだ立憲民主党は議席を減らした。争点の見えなかった選挙を経て日本はどこに向かうのか。日本国際問題研究所の佐々江賢一郎理事長、三菱総合研究所の武田洋子政策・経済センター長、牧原出・東大教授(五十音順)に話し合ってもらった。(司会は政治部長 吉野直也)

(1)選挙結果どう見る

牧原氏「野党共闘は説明不足」

佐々江氏「維新、是々非々が評価」

武田氏「政権運営にはプラス」

――選挙結果をど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3560文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン