/

この記事は会員限定です

重要インフラ、監視容認を 土屋大洋・慶大教授

サイバー防衛 有識者に聞く

[有料会員限定]

英シンクタンクの国際戦略研究所(IISS)が6月に発表した各国のサイバー能力に関する報告書は、日本を最下位のグループに位置づけた。米国や中国、ロシアなどと比べると日本は最下位どころかランク外と言えるほど大きな差がついているのが実態だ。

米国は安全保障上の理由や自国企業の利益を守る目的で、平時から外国のネットワークにひそかに侵入して秘密情報を得ているとされる。「積極的な防衛体制(アクティブ・ディフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン