/

この記事は会員限定です

国債消化に影、生保の特需一巡か 超長期債の金利上昇も

[有料会員限定]

国内債券市場で償還までの期間が10年を超える超長期債の金利に注目が集まっている。米金利の上昇圧力で日本国債の金利も上がり、投資の魅力は増した。財務省は年末の予算編成と並行して国債発行計画を立てる。国債の安定消化に向けては2025年に生命保険会社の特需が一巡するとの見方があり、超長期金利の上昇も懸念される。

生保各社の22年度の資産運用計画によると、富国生命保険は21年度に比べて超長期債に4500...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン