/

東北電力管内にも逼迫警報 政府、東電に続き対象拡大

(更新)

経済産業省は22日、東北電力管内で電力需給が極めて逼迫する恐れがあるとして電力需給逼迫警報を出した。東京電力ホールディングス管内には既に警報を出しており、地域を拡大して一般家庭や企業に節電を呼びかけた。東北では悪天候で気温が低く、事前の想定よりも電力需要が伸びており、午前9時台は使用率が100%になった。

東京電力については21日に逼迫警報が出ており、22日朝は東北電も東電に電力を融通していた。ただ、東北電力内でも需給が逼迫する懸念が高まったため、現在は東電への融通を中止しているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン