/

この記事は会員限定です

働く外国人の統計整備 厚労省検討、賃金など継続把握

(更新) [有料会員限定]

厚生労働省は日本で働く外国人の統計を新たに整備する検討を始めた。就業内容や賃金などを継続的に把握できるようにする。現在は外国人の労働状況を細かく追える統計がほぼない。今後増加が続くと見込まれる外国人労働者のデータ整備により、賃金改善や失業者への支援など適切な政策につなげる。早ければ2023年度にも調査を始める。

外国人労働者は現在、在留資格別や国籍別など属性別の人数は把握できている。一方で年齢別や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン