/

この記事は会員限定です

ワクチン記録ミス頻発 3回目接種や証明書、滞る懸念

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種状況を把握する国のシステムで、正しい情報が登録されない事態が各地で頻発している。接種日やワクチンの種類など基本的な情報での誤入力が目立つ。コロナ禍で露呈した行政のデジタル化の遅れを取り戻せていない。接種証明書の発行や年内に3回目接種が迫る中、また手続きが滞る懸念が残る。

政府は新型コロナのワクチン接種にあたって、接種記録システム「VRS」を開発し、これまで運用して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン