/

中国空母「遼寧」帰途か 沖縄沖通過、東シナ海へ

防衛省統合幕僚監部は22日、中国海軍の空母「遼寧」が21日、沖縄本島と宮古島の間を抜け、太平洋から東シナ海に入ったと発表した。中国に戻るとみられる。遼寧は今月に入り、沖縄南方にとどまり、艦載戦闘機やヘリコプターの発着艦を繰り返した。

防衛省によると、遼寧は21日午後5時ごろ、宮古島の東約220キロをほか4隻の艦艇とともに航行。その後、東シナ海へ入った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン