/

この記事は会員限定です

22年度予算成立、強まる予備費頼み 原油・物価高対策

[有料会員限定]

22日成立した2022年度予算は社会保障費の膨張などで一般会計総額が107兆円と過去最大になった。ロシアのウクライナ侵攻による資源高の加速など想定外の事態も生じている。政府は物価高対策をまとめる方針で、早くも歳出圧力が高まる。夏には参院選も控える。国会の議決を経ずに使途を決められる予備費が便利な財布となり、バラマキ色が強まる懸念がある。

社会保障費は高齢化による自然増などで21年度当初比4393...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン