/

日米韓、安保協力立て直し 北朝鮮の核・ミサイル警戒

バイデン氏、拉致被害者家族とも面会

(更新)

岸田文雄首相とバイデン米大統領は23日の会談で、北朝鮮の核・ミサイル開発への対応が喫緊の課題との認識で一致した。バイデン氏は厳しさを増す東アジアの安全保障環境を踏まえ日韓の関係構築を促した。日米韓3カ国の協力関係の立て直しを目指す。

バイデン氏は会談後、東京・元赤坂の迎賓館で北朝鮮による拉致被害者の家族らと面会した。トランプ前大統領も在任中に2度、拉致被害者の家族らと面会していた。

首相は共同記者会見で「北朝鮮の核・ミサイル問題に深刻な懸念を共有し、日米、日米韓で一層緊密に連携すると確認した」と述べた。バイデン氏は「安保で緊密に連携したい。北朝鮮の脅威を抑止する意味でも重要だ」と強調した。

共同声明には「日米韓の関係と協力の重要性を強調した」と記した。拉致問題に関しては「即時解決への米国のコミットメント(関与)を確認した」と盛り込んだ。

北朝鮮への対処を巡る話し合いは、これまでも日米首脳間で重視してきた。バイデン氏が拉致被害者家族らと面会したのも北朝鮮を巡る問題への高い関心を示すためだ。

バイデン氏は日本の前に韓国を訪れ、10日に就任したばかりの尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と会談した。日本との関係改善を訴え「北朝鮮の課題に対応し、日米韓協力の重要性を強調する」と明記した共同声明をまとめた。

バイデン氏は韓国での記者会見でも「経済的にも軍事的にも、非常に緊密な3カ国関係が決定的に重要だ」と語った。トランプ、文在寅(ムン・ジェイン)両前政権で縮小した米韓合同軍事演習の範囲や規模の拡大へ協議を開始すると合意した。

韓国は日米が主導する「自由で開かれたインド太平洋」にも賛同する姿勢を示している。対北朝鮮にとどまらず中国を意識した役割拡大の期待もある。 

日米韓は6月にシンガポールで開くアジア安保会議(シャングリラ会合)にあわせた防衛相会談を計画する。およそ2年半ぶりの対面になる。

今回はバイデン氏の日韓訪問にあわせて北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射や核実験に踏み切るとの分析があり、警戒していた。

北朝鮮は今年すでに15回のミサイル発射を実行した。米本土を射程に入れるICBMへの核弾頭の搭載が実現しそうだとの推測もある。

ロシアのウクライナ侵攻で世界の安保環境は流動的になっている。北朝鮮が挑発を強めれば日米は中国への対処に専念できない恐れがある。抑止力と対処力の強化には韓国との連携は欠かせず、米国は日韓関係の改善を求めてきた。

北朝鮮のミサイルは韓国が発射地点に近く、日本が落下地点に近い。互いに同盟関係にある米国の早期警戒衛星などを使って探知にあたる。軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を通じて機密の融通をしている。

文前政権下の日韓関係は国交正常化以降で最悪とされた。元徴用工や慰安婦問題で韓国が合意をほごにしたためだ。防衛当局間でも韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射などがあり、連携は滞ったままだ。

尹氏は大統領就任後に「日韓関係を重視しており関係改善に向けて共に協力したい」と語り、早期の首脳会談に意欲を示している。

バイデン米大統領来日
政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン氏来日

岸田文雄首相との日米首脳会談や日米豪印による「Quad(クアッド)」首脳会議、来日前の尹錫悦(ユン・ソンニョル)韓国大統領との会談などに関する最新のニュースと解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン