/

この記事は会員限定です

メンタル支援も不可欠 やめどきや男性不妊も課題

松本亜樹子(4) NPO法人Fine理事長

[有料会員限定]

「不妊治療は周囲に話しづらい」といわれる。つらさを抱え込む人も多い。

同じ病院に通っていたAさんは時折「本当はあんまり積極的に治療をしたくない。薬もつらいの」と言っていた。夫や医師らに本音を話せず、夫らもよかれと思って次の治療を勧めた。ついに心身に支障をきたし、心療内科に通うようになって治療は終わった。

もっと早く周囲に悩みを打ち明けていれば、私も「旦那様とちゃんと話してみたら」と勧めるだけでなく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン