/

首相「ウクライナと揺るぎない連帯」 装備品やエネ支援

ゼレンスキー氏、広島サミットにオンライン参加

think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相は21日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪れゼレンスキー大統領と会談した。「日本の揺るぎない連帯」を伝えた。殺傷能力のない装備品の支援へ3千万ドル(40億円程度)を出す。エネルギー分野などで4億7千万ドル(620億円ほど)を無償供与するとも言明した。

ゼレンスキー氏は首相の招待で5月に広島で開く主要7カ国首脳会議(G7サミット)にオンラインで参加すると約束した。

首相のウクライナ訪問は2022年2月にロシアが侵攻してから初めてだった。会談後にはゼレンスキー氏と食事をともにし、信頼を深めた。G7の首脳が全員ウクライナに赴き、国際社会が結束してロシアに対峙すると示した。

ゼレンスキー氏は会談で首相について「国際秩序の強力な擁護者で、ウクライナの長年の友人だ」と歓迎した。会談後の共同記者会見で「国際的な安全保障を守るためのリーダーシップが重要なときに訪問が実現した」と述べた。

首相は侵攻を「国際秩序の根幹を揺るがす暴挙だ」と非難した。ロシアによる核の威嚇に反対した。広島サミットで「法の支配に基づく国際秩序を守り抜く決意を示したい」と誓った。

「今後も日本ならではの形で切れ目なくウクライナを支える」と話した。装備品支援は北大西洋条約機構(NATO)の基金を通じて実施する。ウクライナと機密情報を共有しやすくする情報保護協定の締結へ調整を始めると一致した。

ウクライナとの関係を「特別なグローバル・パートナーシップ」に格上げし、共同声明を発表した。

「ロシアによる違法で不当でいわれのない侵略を可能な限り最も強い言葉で非難した」と明記した。「欧州・大西洋のみならずインド太平洋やそれ以外の地域における安全や平和、安定への直接的な脅威だ」と強調した。

「ロシアに対する制裁を維持・強化することが不可欠だ」と記し、第三国が制裁の回避に使われないように取り組む意向を盛った。

首相のキーウ入りは中国とロシアによる首脳会談とタイミングが重なった。中国の仲介外交に対抗する意味を持つ。

声明には中国を念頭に「東シナ海や南シナ海情勢への深刻な懸念を表明し、力や威圧によるいかなる一方的な現状変更の試みにも強く反対した」と書き込んだ。「台湾海峡の平和と安定の重要性」に触れた。

首相は日本時間21日未明、訪問先のインドからウクライナ隣国のポーランドへ民間チャーター機で出発した。南東部のプシェミシルから列車でウクライナに向かった。インドへの同行記者団には明かさずに移動した。

キーウで記者団に「安全対策などの観点もあり厳格な情報管理をした」と説明した。ロシアに事前に伝達したかを問われ「外交上のやりとりなので答えは控えたい」と発言した。

22日にポーランドのドゥダ大統領とモラウィエツキ首相とそれぞれ会談する。23日朝に帰国する。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシアがウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません