/

この記事は会員限定です

IMF委も共同声明出せず、侵攻非難の記述にロシア反対

[有料会員限定]

【ワシントン=江渕智弘】国際通貨基金(IMF)は21日、運営方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)を開いた。春と秋の開催ごとに出す共同声明を見送った。ロシアのウクライナ侵攻を非難する記述にロシアが反対し、まとまらなかった。20日の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議も声明を出せず、ロシアの存在が国際枠組みに影を落とす。

IMFCはIMFの諮問機関として1999年に設立した。IMF...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン