/

日韓首脳が初の「懇談」 元徴用工など念頭「懸案解決を」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=秋山裕之】訪米中の岸田文雄首相は21日(日本時間22日)、ニューヨークで韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と初めて30分間ほど懇談した。日韓の首脳が対面で一定の時間をかけて協議するのは両国とも現政権になる前の2019年12月以来、2年9カ月ぶりだ。

日本政府は「会談」ではなく「懇談」と説明した。韓国大統領府は「初の略式会談」と表現した。

日本側の発表によると、両首脳は元徴用工問題などを念頭に懸案を解決し日韓関係を健全に戻す必要性を共有した。外交当局間の協議を加速するように指示すると申し合わせた。

1965年の国交正常化以来築いてきた友好協力の基盤に基づいて関係を未来志向で発展させる方針だ。

北朝鮮の核開発などの環境を踏まえ、重要な隣国として日韓2国間や米国を交えて3カ国での協力を推進する重要性を確認した。北朝鮮への対応で連携し首脳間でも意思疎通を継続することで一致した。

尹氏は北朝鮮による拉致問題について日本の取り組みに支持を表明した。

岸田氏と尹氏は6月にスペインで同じ晩さん会に出た後、短時間会話した。バイデン米大統領を含めた日米韓3カ国の枠組みで会談したこともあるが、まだ2国間の本格的な首脳会談はしていなかった。

日本は元徴用工問題を巡り韓国で差し押さえられた日本企業の資産の現金化を回避する具体策を求める。韓国大統領府が9月15日、ニューヨークで日韓首脳会談を調整していると発表し、日本側が「現時点で何ら決まっていない」と説明した経緯がある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン