/

日中韓の保健相、コロナ連携強化 オンライン会議後声明

日本、中国、韓国の保健相が21日、感染症対策など医療保健分野の課題を話し合うオンライン会議を開いた。新型コロナウイルス感染症対策を巡り情報を共有。連携強化を確認する共同声明を採択した。声明では、医薬品とワクチンの開発に関する情報共有を引き続き強化し、低所得の国々が公平に確保できるよう貢献していくことなどを確認した。

日本は後藤茂之厚生労働相が参加。日中韓の保健相会合は新型インフルエンザ対策を協議するため2007年に始まり、ほぼ毎年開かれている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン