/

この記事は会員限定です

診療報酬改定、不透明さ改まらず データうやむやの決着

広瀬洋平

[有料会員限定]

2022年度の診療報酬改定の調整が大詰めを迎えた17日夜、歴代の厚生労働相である尾辻秀久、加藤勝信、田村憲久の3氏が財務省に茶谷栄治主計局長を訪ねた。長引く新型コロナウイルス禍で医療機関の経営が厳しいことを重ねて訴えるためだった。

面会後、尾辻氏は「無限大に距離がある」と吐き捨てた。医師らの技術料にあたる本体部分について日本医師会や与党の厚労族議員は、岸田文雄首相が掲げた看護師の賃上げ分などを除...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り744文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン