/

この記事は会員限定です

経済安保、与野党5党が公約 対中姿勢の変化映す

2021衆院選 各党公約を読む

[有料会員限定]

自民党や公明党、立憲民主党など5党が明記したのは経済安全保障だ。中国による民間技術の軍事転用を防ぐ狙いがある。覇権主義を強める中国へ各党の姿勢変化を映す。

自民公約は経済安保に1章を割いた。重要技術の流出を防ぐ「経済安全保障推進法」の制定や、企業へ戦略物資の国内生産を促す税財政支援を明記した。

岸田文雄首相は内閣に経済安保相を新設するなど、政権の主要施策に据える。

伝統的に中国との友好関係を築いて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン