/

この記事は会員限定です

炭素価格付け「国際ルールづくり主導を」 自民本部提言

[有料会員限定]

自民党経済成長戦略本部(下村博文本部長)の経済政策や成長戦略に関する政府への提言が分かった。炭素の排出に価格をつけるカーボンプライシング(CP)で、自由貿易と温暖化対策を両立するため「公正な国際ルールづくりを主導する」と盛った。

21日に開いた幹部会合で確認した。近く正式に了承し、政府が今夏に決める経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)への反映を求める。

温暖化対策が不十分な国からの輸入品に価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン