/

この記事は会員限定です

半導体「ベスト&ブライテスト」の挑戦 敗北に何学ぶ

加藤晶也

[有料会員限定]

「日米のベスト&ブライテストの結集を図る」。

次世代半導体の国内生産を目指す新会社「Rapidus」(ラピダス)が船出した11日、経済産業省の支援策を説明する資料の文言に目がとまった。

「ベスト&ブライテスト」は「最良で、最も聡明(そうめい)な人たち」の意味だ。1960年代、ケネディ米政権に集い、ジョンソン政権が引き継いだ知的エリートたちを指すのに使われた表現だが、必ずしもいい意味ばかりではない

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません