/

この記事は会員限定です

制度のはざま、医療的ケア児 取り残され孤立

本郷朋博(1) ウイングス医療的ケア児などのがんばる子どもと家族を支える会代表

[有料会員限定]

医療的ケア児という言葉を知っているだろうか。日常的にたん吸引や人工呼吸器などのケアが必要な子が国内に推計2万人以上いる。10年前の倍に増えた。

原因は先天的な病気から後天的な病気、事故まで様々だが、医療技術が発展し、これまで助からなかった子が助かるようになったことが大きい。その進歩に社会が追いついていない。

動き回れる子や寝たきりの子、知的機能に問題ない子から遅れのある子までいる。既存の「障害児」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン