/

デジタル人材「25年度までに175万人育成を」 自民提言

自民党デジタル社会推進本部の小委員会は21日、党本部で会合を開き、膨大なデータの分析などにたけた人材の育成を求める提言を取りまとめた。2025年度までに技術者ら計175万人の育成が必要だと主張する。近く政府に提言する。

提言案は育成に向けて各地域の経済団体や教育機関などが協力し、全国6~9カ所に拠点を整備する案を盛る。9月に創設するデジタル庁が教育に必要な機器や教材の提供や、企業の採用支援に取り組むとも言及する。

ビッグデータを分析するデータサイエンティストを25万人、エンジニアやシステム管理などにあたるオペレーターを計150万人、それぞれ育成すべきだと指摘する。

サイバーセキュリティーの専門人材や、事業戦略や業務にデジタルトランスフォーメーション(DX)の導入を企画する「アーキテクト」と呼ばれるデジタル人材の拡充も求める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン