/

この記事は会員限定です

指導者が示す「物語」必要 東大教授・渡辺努氏

成長の未来図 識者に聞く

[有料会員限定]

日本は賃金の上昇率が30年近く低迷し、人々の成長への期待も高まらない。米欧と比べて物価が低く、インフレを経験したことのない層も増えている。東京大の渡辺努教授は将来への期待を高めるため指導者が目指すべき社会像を語るべきだと訴える。

――新型コロナウイルスへの対応は各国の価値観の違いを浮き彫りにしました。

「人の命の重さについて考え方の違いが表れた。日本は経済的な損失よりも人命を最優先にした。日本人は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

成長の未来図

資本主義が3度目の危機にぶつかっている。成長の鈍化が格差を広げ、人々の不満の高まりが民主主義の土台まで揺さぶり始めた。戦前の大恐慌期、戦後の冷戦期と度重なる危機を乗り越えてきた資本主義は、また輝きを取り戻せるのか。成長の未来図を描き直す時期に来ている。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン