/

この記事は会員限定です

マイナカードで電子委任状 8月に政府調達サイトで開始

[有料会員限定]

法人の電子契約の際、代表者の権限を社員に委任したことを証明する「電子委任状」にマイナンバーカードを使えるサービスが8月下旬から始まる。省庁が物品などの入札に使う政府電子調達(GEPS)で活用する。入札で優遇する利用促進策でカードの普及やテレワークなど業務の効率化を促す。

クラウドサービスなどを手掛けるサイバーリンクスが提供する。2020年7月に総務省と経済産業省から電子委任状の取扱事業者として認定を受けていた。認...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン