/

この記事は会員限定です

衆院選、振り子の11道府県が勝敗左右 過半で野党優勢

(更新) [有料会員限定]

衆院選は31日の投開票まで残り1週間あまりとなった。日本経済新聞社の序盤情勢で全289小選挙区の4割が接戦だった。定数1を争う小選挙区全ての歴代の勝利政党をみると入れ替わりの激しさに地域差がみられる。振り子のように勢力が変わりやすいのは11道府県で、その結果は選挙の情勢を映し出す。

政党には地盤となる地域がある例が多い。米国の民主、共和の二大政党はそれぞれ優位な州を持つ。両党の間で選挙のたびに勝者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン