/

米英2社製ワクチン正式承認 厚労相

厚労省が入る中央合同庁舎5号館

田村憲久厚生労働相は21日、米モデルナ製と英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを正式に承認した。モデルナ製は24日から国が東京や大阪で開設する大規模接種センターなどで使う。

ワクチンの使い方を議論する厚労省の分科会は21日、モデルナ製は18歳以上を対象に公的な予防接種に使うことを決めた。予防接種法上の「臨時接種」と位置づける。国内で接種される新型コロナのワクチンはモデルナ製とすでに自治体が接種を始めている米ファイザー製の2種類となる。

アストラゼネカ製は新型コロナ感染症の発症を予防する有効性は認めたものの、当面は接種しないと決めた。海外で接種後にきわめてまれに若年層などで血栓が生じる事例が確認されており、高齢者などへの接種対象年齢の限定や接種を停止する国がある。厚労省は海外の状況を踏まえ、国内の使用のあり方について引き続き検討する。

モデルナ製は接種する場合、2回接種する必要がある。1回目の接種後、約4週間空けて2回目を打つとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン