/

この記事は会員限定です

円安増幅、危うい国債「管理」 財政・金融拡張でひずみ

1ドル=150円の警告(下)

[有料会員限定]

英国時間20日午後。トラス首相による辞意表明の観測が駆け巡った欧州市場では、英30年物国債利回りが下落(債券価格は上昇)、通貨ポンドは急上昇し「歓迎」の意を示した。トラス氏は、英史上最短の就任44日で退陣に追い込まれた。

トラス政権が打ち出した大規模減税は財源の手当てがなく当面は借金に頼る計画だった。インフレ退治の利上げを進めるなかでのやみくもな減税は、財政の急激な悪化を招き、経済成長の土台すら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません