/

この記事は会員限定です

ワクチン、先着順見直しを 経済学者ら抽選など提言

[有料会員限定]

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会に参加する経済学者らが、ワクチン予約の仕組みで改善を求める提言をまとめた。多くの自治体が採用する先着順よりも、抽選制や完全年齢順、個人ごとに接種日時を指定する割当制が有効だとした。提言内容は政府内での議論に生かすよう求めていく。

分科会の構成員である大阪大学の大竹文雄氏や慶応義塾大の小林慶一郎氏のほか、マーケットデザインやミクロ経済理論が専門の栗野盛光氏(慶...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン