/

国民、選対委員長に前原氏 政調会長に大塚氏 

国民民主党は21日の両院議員総会で前原誠司、大塚耕平両代表代行をそれぞれ選挙対策委員長と政調会長に充てる人事を了承した。玉木雄一郎代表は国会内で記者団に「2人の代表経験者に政策と選挙の責任者になってもらい、参院選への体制を強化したい」と語った。

前原、大塚両氏は代表代行も引き続き兼務する。政調会長だった舟山康江参院議員は筆頭副代表に、選対委員長を担っていた岸本周平衆院議員は幹事長代行に就いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン