/

この記事は会員限定です

「接種に民間の力を」 新たな経済団体、提言に独自色

危機下の財界(3)

(更新) [有料会員限定]

Jリーグ・ヴィッセル神戸の本拠地ノエビアスタジアム神戸で5月31日に始まった新型コロナウイルスワクチンの大規模接種。神戸市長の久元喜造は「極めて短期間に準備できた」と満足げだ。

水面下で動いたのは、スタジアムを運営する楽天グループの会長兼社長で新経済連盟(新経連)代表理事の三木谷浩史だった。緊急事態宣言下で迎えた大型連休中の5月2日、首相の菅義偉を公邸に訪ねて「接種に民間の力を」と提案した。それから久元にメー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン