/

この記事は会員限定です

追加発電の企業募集 経産省検討、電力不足懸念に備え

 

[有料会員限定]

経済産業省は冬の電力不足に備え、液化天然ガス(LNG)など燃料の調達を促す検討に入った。送配電事業者に、燃料を追加調達して発電所の稼働を計画よりも増やす企業を募ってもらう。大手電力会社や自家発電所を持つ企業が対象だ。現状では電力需要の高まる冬に燃料が逼迫する可能性は低いものの、予防手段として活用する。

経産省は21日、LNGの確保に向けた初めての官民連絡会議を開いた。東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERAや関西電力などの電力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン