/

民事訴訟法の改正案、衆院通過 訴状提出や口頭弁論IT化

衆院は21日の本会議で、民事訴訟法の改正案を可決した。民事裁判の訴状をオンラインで提出できるようにする内容を盛り込んだ。裁判所への出頭が原則だった口頭弁論もオンライン会議で実施できるようにする。訴訟記録も電子化し裁判の当事者がネット上で閲覧できるようにする。

裁判の手続き全体についてIT(情報技術)を採り入れる狙い。政府は2025年度までの施行をめざす。

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン