/

「ゼロリスクはない」東京五輪巡りWHO事務局長

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は21日、厚生労働省を訪れ、田村憲久厚労相と新型コロナウイルス対策などを巡り会談した。テドロス氏は東京五輪について「症例がゼロということで五輪の成功をはかるのではない。人生において『ゼロリスク』というものはなく、常にリスクはある」と指摘した。

田村氏は「国民の命をしっかり守りながら五輪の成功に向けて取り組みたい」と述べた。テドロス氏は「大事なのは感染者をすぐに検知して隔離する行動を起こすことだ」と応じた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン