/

大規模接種、24日開始 予約対象は東京・大阪全域に拡大

大規模接種センターの大阪会場となる大阪府立国際会議場=23日午前、大阪市(共同)

国が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは24日、東京・大阪の両会場で接種を開始する。初日は東京で1日5000人、大阪で2500人程度を受け付ける予定だ。

同日からは予約対象を東京都・大阪府全域の65歳以上の居住者に拡大する。東京は午前11時、大阪は午後1時から、31日~6月6日に接種する分の予約を始める。

東京会場は大手町合同庁舎3号館(千代田区)、大阪会場は府立国際会議場(大阪市)で、ともに業務開始は午前8時。厚生労働省が21日に承認した米モデルナ製のワクチンを使用する。

17日に開設した専用サイトで予約した人が接種できる。対象は東京23区内と大阪市内の65歳以上の居住者だった。

接種を受けるには自治体から配られた接種券と予診票、運転免許証などの本人確認書類を持参する必要がある。防衛省は予診票をあらかじめ記入して来場するよう呼びかけている。

24日からの予約は接種券が手元にあり、各自治体でまだ1回も接種を受けていないことが条件になる。防衛省サイトや対話アプリ「LINE」を経由して専用サイトで申し込む。

31日以降の予約対象には埼玉、千葉、神奈川、京都、兵庫の各府県の65歳以上の居住者が加わる。

予約サイトではまず市区町村コードと接種券番号、生年月日を入力する。接種を受けたい日付と時間を30分単位で選ぶ。

予約サイトは自治体の住民情報システムと連携しておらず、接種券番号などの照合ができない。防衛省は虚偽予約や誤入力をしないよう求めている。

大規模接種センターは大都市圏で遅れがちなワクチン接種を加速させるため、政府が主導して設けた。自衛隊が全国の駐屯地や病院に所属する医師・看護師らを集め、会場の運営を担う。民間の看護師も加わる。受け付け業務などは民間業者に委託する。

中山泰秀防衛副大臣は23日、大阪会場を視察後、記者団に「開設に向けた準備は万全だ。可能な限り多くの国民に接種が円滑に進むよう全力で頑張っていく」と述べた。注射を受けやすいように半袖で来場するよう提唱した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン